不用品のリユースを活用してみよう!@お得な買取術

知っていますか?環境にやさしい「3R」

「3R 」は自然環境への負担を抑える取り組みのこと

日本政府が推進している廃棄物に関する自然環境への負担を抑える3Rという取り組みをご存知でしょうか。

これは、「Reduce(リデュース)…(廃棄物を)減らす」、「Reuse(リユース)…再使用する」、「Recycle(リサイクル)…再資源化する」という、廃棄物の扱いに関するRを頭文字とする3つの取り組みのことを指します。

ここではその3Rについて見てみましょう。

リデュース(Reduce)…廃棄物の発生を減らしましょう

Reduceは「減らす」という意味の英語で、そもそもの廃棄物の発生を減らしましょうというものです。

例えば、最近スーパーなどでレジ袋が有料化されたところが増えましたが、これは消費者にエコバッグなどの利用を促進させて、廃棄物になりがちなレジ袋をなるべく使わないようにするためです。

過剰包装を避けたり、特に必要でないものならあえて買わないという選択も廃棄物が出ないのでReduceに入ります。

リユース(Reuse)…使えるものは再使用しましょう

まだ使えるものは繰り返し使うようにしましょうという取組みです。

「リユース(Reuse)」は、先述したように、「再利用する」「くりかえし使う」という意味の言葉で、使えるものをそのままの形で別の人に譲ったり売ったりして再度利用することを指します。

「リサイクル」という言葉も、中古品を扱うお店をリサイクルショップと呼んだりするように、広い意味ではこの再利用の意味を含んで使用されていますが、厳密には異なった意味を持っています。

リサイクル(Recycle)…限りある資源を再資源化して使いましょう

狭義の意味でのリサイクルは、廃棄物から使える部分を取り出して再資源化することを指します。

例えば、飲み終わった後の空き缶を処理して鉄やアルミを再生利用することや、古新聞や古紙などを処理して段ボールやトイレットペーパーにするのはリサイクルになります。

資源を無駄にしないという点では長く推奨されている取り組みなのですが、廃棄物を再資源化する際にエネルギーや資源を使うだけでなく、それに伴って二酸化炭素などの排出物が発生してしまいます。

そういった意味では、リサイクルよりもリユースの方が、より自然環境への負担を抑えるための良い取り組みとなります。

身近なところから3Rに取り組んでみましょう

「リサイクル」という言葉は長く使われて浸透している言葉ですが、「リデュース」や「リユース」についてはまだ耳なじみのない方も多いかもしれません。

これを機に自分の身の回りからできる3Rや、地域や社会がどんな3R活動に取り組んでいるか目を向けてみてはどうでしょうか。

経済の発展とともに大量生産、大量消費を通して地球の環境に多大な影響を及ぼしてきた結果、豊かな暮らしをする私たちには、これからも長きにわたって持続可能な社会を実現するために、その責任を負っていく必要があると言えるでしょう。