不用品のリユースを活用してみよう!@お得な買取術

リユースショップで引き取ってもらえなかった時は?

寄付をしたり、自治体のルールに則って適切に処分を

ワールドギフトを通じて海外に寄付することが可能

リユースショップでは買取りの基準に満たない衣類や、使い古したおもちゃやぬいぐるみ、使いかけのノートや文房具なども国際社会支援推進会のワールドギフトを利用すると海外支援物資に変わります。

段ボールのサイズによって2400円~3700円の集荷料金がかかりますが、この費用には途上国に物資を送る際の船賃や、保育所・学校施設に物資を送る際の送料、仕分け、コールセンターやホームページの運営にかかる人件費、光熱費などの再利用を行うための費用全てが含まれています。

リサイクル料金不要の集荷料金のみでリサイクル家電の集荷も行っています。

ただ捨てるのではなく慈善事業に協力するという気持ちで不用品を手放すことができるおすすめの方法です。

家電製品を処分する際は市区町村のルールに従ってください

どうしてもリユースできなかったものは、自治体のルールに従って適切に処分しましょう。

リユースショップが家庭からの廃棄物を引き取って処理するためには、「一般廃棄物処理業」の市区町村からの許可が必要であり、許可を持っていないショップにおいては原則、廃棄物の引取り処分はできないため、買取りされなかったものは持ち帰ることになります。

ただし、そのリユースショップで買った場合や、そこで買替えて古い製品を廃棄する場合に、家電リサイクル法に基づき引き取ってもらうことができるのがエアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の家電4品目です。

家電4品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機)

この家電4品目は「家電リサイクル法」という法律でリサイクルが義務づけられていて、これらを廃棄する際には、リサイクル料金を支払い、買替えるお店またはその製品を購入したお店に依頼して引き取ってもらいます。

その後廃家電はお店から指定の引取場所に運搬されたあと、家電メーカーがリサイクルをすることになっています。

買替えるわけではなく廃棄するだけの場合で、購入したお店が遠方だったり閉店していたり不明な際は、処分方法についてお住まいの市区町村に問い合わせましょう。

小型家電(携帯電話、パソコン、デジカメ、ドライヤーなど)

先ほどの家電4品目を以外のほとんどの小型の家電製品は、「小型家電リサイクル法」の対象となっており、回収されるリサイクル品目や回収方法は市区町村によって異なっていますので、各自治体のルールに則りリサイクルに協力しましょう。

なかには例えば家庭用プリンターのインクカートリッジなどは大型家電量販店に回収ボックスが設けられていたり、充電式電池なども製品によってはメーカー等が廃棄品の回収や処分を行っている場合もあります。

「これはどう廃棄したらいいのだろう」と迷うようなものの回収や廃棄の方法も、自治体のホームページなどで確認し、わからないときは問い合わせをして適切に処分するよう心がけましょう。